ぼちぼち生きる

50過ぎて現場を離れたATの日記

畑仕事

先週末、工事現場の資材置場用に一年ほど貸していた土地(畑)を、もう一度畑に戻すべく色々と植樹することになりました。何かの条例・法律?に引っかかるらしく、畑として使用した痕跡がないと税金をたくさん持っていかれるので、何かを植えて畑にするべく行動開始しました。

f:id:aztibi_a:20220314132355j:plain

綺麗なシロツメグサ。でも四葉のクローバーを探す余裕は全くなし。

親も高齢になってきて無理ができないので、嫁と2人で、実家のお隣さんのおっちゃんにご指導を賜りながら、約2時間ほど畑仕事してきました。

うちの奥さんはとりあえず、スイートスプリングの枝切り、木の下に潜り込み密集した枝を片っぱしから鋸で間引いていきました。虫が大嫌いなくせに食べ物のためになら、なんの文句も悲鳴もあげずに黙々と2時間格闘しておられました。

f:id:aztibi_a:20220314132151j:plain

スッキリしたスイートスプリング

隣のおっちゃんと僕は無花果と金柑の苗を埋める穴をスコップで30センチほど掘っては苗を埋めて水をあげる事を7本ほど繰り返しただけなんですが、なんせ元々は水田だったところに道路工事で壊した採石混じりの土を入れ、その上に20センチほど野菜や木々が育つような柔らかい土が入れてある状態の畑だったので、30センチも掘ると瓦礫の層に当たり四苦八苦でした。コンクリートにスコップを突き刺している感じでした。

f:id:aztibi_a:20220314132625j:plain

小さくて見にくいけど植樹後。Rits PanthersのPawマークが何かマッチしている

その後は鍬に持ち替えてスイートスプリングの木の周りを丸く彫り、肥料を入れる作業に、こっちもまた瓦礫と木の根に阻まれながら格闘してました。超汗だく!!!

自然薯のムカゴも土に埋めてみたし、これからまだ柚の木なども植えていきます。植えてからは草取りが大変だな。

 

でも何にも考えず一つのことに集中して動いているのは、私の双極性障害の養生のためには良かったと思います。土を触る感触も病気じゃなかった子供の頃の砂遊びを思い出しながら楽しくできました。脳が休んで心が楽しんでいる感じかな?!

 

今日は畑の3分の1にも満たない量の仕事でしたが、私は筋肉痛で1.5日間ほとんど寝てました。下手なウエイトより効いた。握力がほとんどなくなりました。農家さんてすげえ。

 

個人的に興味深い記事

最近はYouTubeにあげる動画作りに一生懸命で中々ブログを書けていませんでした。(なにせ始めたばかりで、5分の動画作成に1日かかっています😂)

で、本日いきなり嫁から送られてきたLINE、

「嫁から見た俺。」

まさにその通り

news.yahoo.co.jp

 

双極性障害を持つ自分が気持ちいいと思うエクササイズもぼちぼちアップロードしていきますので、興味ある方はこちらも覗いてみて下さい。

www.youtube.com

 

オンラインでも対面でもパーソナルトレーニングや英会話を教えてます。

興味ある方はいつでも連絡ください。

 

 

生きている罪悪感

相変わらず薬を変えてから、よく眠れてます。今日も夜中に一度も起きる事なく朝を迎えました。こんなに数日間続けて眠れたのは3年ぶりですね。

しかし薬が効きすぎているのか、昼間も起きれません。今日も一日中横になってました、起きたのは夜ご飯を食べて今ブログを書いているこの時だけです。

そして段々と希死念慮なのか「俺なんか生きていてもしょうがないな!」という感覚が頭の中を半分くらい占領するようになってきました。少しだけ頑張って少しだけ仕事して少しずつ良くなっているとは思うのですが、ゼロヒャク思考の私には完璧に出来ないことは0でしかなく自分の努力を認めてあげることができません。生きていても家族に対して罪悪感しかありません。

いつものことなのでしょうがないのですが、辛いですね。

いつものように、ネガティブな考えが浮かんだら、「まあ、いいか」、「しょうがない」、「なるようになるさ」、「だからどうした」って言葉に出してネガティブな考えに引っ張られないように頑張っってますが、ゼロヒャク思考の私にはかなりの苦難です。

 

ぼちぼち頑張るしかないですね。

超 Happy

何ヶ月ぶりだろうか?

いや何年ぶりだろうか?

昨日の治療と薬のお陰か、10時間ぐらいぐっすり眠れた。

 

ここ何年も、夜中にしっかり目が覚めて再度入眠するのに1時間ほどかかってしまったり、トイレに2回以上行ったり、ずっとウトウトしている感じが続いていたり、自分のいびきがずっと聞こえていたり、3時間以上熟睡できた覚えが全くと言って良いほどなかったのに、昨晩は何も覚えず朝まで寝れました。(昼間は意識を失ったかのように2〜3時間経過してることはあるのですが、、、)

 

ただそれだけ。

朝から超ハッピーです。

 

本当は朝早く起きて朝日を浴びながら散歩などのリズミカルな運動をした方が、脳内幸福物質のセラトニンが分泌されて、うつ病に良いらしいですが、今日は昼近くまで睡眠を堪能してました。こんな感覚久しぶりです。

 

2022年第1回目

またブログが滞りましたが、

 

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

2021年の8月に申請していた、自立支援医療精度(精神通院医療)が受理され医療費が3割負担から1割負担になりました。(イェーイ)

snabi.jp

 

同時に申請していた精神障害者手帳も受理され、3級の精神障害者として認定されました。

www.mhlw.go.jp

 

***障害者年金は、社会保険労務士さんに相談したところ3級では無理だということで申請をしておりません。だから個人事業主として仕事がない限りは食っていけません。でも仕事がほとんどできません。週1〜2度のバイトぐらいです。正直年収は7分の1ぐらいに減りました。

 

年末、結構調子がよかったので、年末最後の診察で薬を少し変更してみたのですが、そこから情緒不安定になり、ほとんど毎日訳もわからずに涙が溢れてくる日々を過ごしました。

14日ぶりの病院にて薬を元に戻してもらい、テストステロン注射をしてもらい元気に帰ってきました。

f:id:aztibi_a:20220114214721j:plain

私の命の糧

双極性障害パニック障害、不安障害)を患っているATCなんて、そんなにいないと思う。これからは、私と同じような精神疾患を持つ選手やアスレティックトレーナーの役に立てれば幸いだと思う。私の症状は軽いけど、経験していないとわからないことがある。この経験をATCとしての私の強みとして、ぼちぼち生きていきたい。

 

ぼちぼちですが、今まで色々なSNSに投稿した短いエクササイズ動画をYouTubeにまとめてみようと思いました。よろしければ、チャンネル登録といいね、よろしくお願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCgrJTlWm329wSuwE98Yxibw

 

玉子は立つ!!自分を信じなさい。

ここ2、3日調子が調子がよかったので、本当に久しぶりに(10年ぐらい経っていたかも?!)玉子を立てる事に挑戦してみた。初めは中々集中できず、ティッシュをひいたり、コルクをひいたりしながら練習し、卵は立つんだと自分に思い込ませた。そのうち自分の事を信じる力が強くなったのか、割と簡単に短時間で立つようになりました。

f:id:aztibi_a:20211111213426j:plain

まずはコルクボードの上で。Trust myself.

f:id:aztibi_a:20211111213608j:plain

玉子見守り隊。Impossible is nothing.

 

f:id:aztibi_a:20211111213753j:plain

玉子見守り隊2。Nothing impossible


アメリカにいる頃は、春分秋分の日(いわゆる分点)には地球と太陽の重力のバランスにより卵の中心を取りやすくなると言う噂を信じて(そんな重力の変化は科学的には全く起こらないのだが)、一度に1 dozen (1ダース=12個)の玉子を立てた事もあったっけな。

f:id:aztibi_a:20211111213920j:plain

May the force be with you.



1年ぶり以上の奇跡

今日は昨日疲れたせいか、奥さんに運転してもらって鹿屋までバイトに行った。往復で3時間弱のドライブだ。

(ちなみに俺のバイト中の3時間は、奥さんは車の中でお昼寝してもらっている。)

f:id:aztibi_a:20211105215552j:plain

R大学パンサーズの PAWマーク可愛いでしょう。

2010年ごろから鬱症状が始まり、前職の大学のヘッドアスレティックトレーナーを辞めた2019年の3月から夜中に動悸で起きるようになり精神安定剤を飲み出す。6月に故郷鹿児島に帰ってきたが、それほど改善は見られず、漢方薬で治そうとしながら、鹿屋でのバイトを始める。

 

2020年の10月に遊離テストステロン値が低いことから、男性更年期障害( LOH)が原因かもとホルモン充填治療を受けるが、これが裏目に出る。注射した次の日から脈拍が90〜100を超えるようになり、不安に襲われ体温も37.5度を超えるような日が毎日続く。この頃から一日中横になり、外にも出られず、もちろん鹿屋にバイトにも行けなくなる。

 

2020年から鹿児島市内の精神科医に通うようになり、少しずつ回復の兆しが見えてくる。2021年の5月頃から(奥さんにパートを辞めてもらい、毎回送り迎えしてもらうのだが)鹿屋でのバイトを始める。先月に4度目(?)のテストステロン注射を打ってから結構調子が上向きになり、考えも少しずつ肯定的になる。よくわからないが、なんか元気なんだよ。

 

そしてついに11月4日、片道90分の道のりを1人で運転し鹿屋まで到着。3時間のバイトをこなす。帰りは流石に疲れたのか、3度も休みながら1人で運転して帰ってくる。

f:id:aztibi_a:20211105215950j:plain

垂水の道の駅から桜島を眺める。噴火の煙が見えるかも?!

健常者の皆さんにはどうでもいいことかもしれないが、私にとってはすごい進歩だ。いつパニックや不安になるかが怖くて1人でいることが怖かった人間が、1人で車を3時間も運転するなんて。まさに奇跡です。

f:id:aztibi_a:20211105220436j:plain

相棒の「マル」